関心空間はコンピュータのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

レガシーロッカー

Legacy Locker

  • Legacy Lockerの画像

ネット上に自分のオンラインアカウント情報を安全・安心に残せるサービス。 主な利用目的としては、メールアドレス、ブログアカウント、等のIDやパスワードを自分の指定する受取人に自分の死後、きちんと伝えてしかるべく処理して貰う、ということらしい。 全部を自動処理化せず、依頼者(ユーザ)の死亡の確認は紙の証拠書類の郵送を人手で確認してから依頼された情報を開放する、という手順まで考えてあるので、そこそこ安全に使えるのではないだろうか。 何年か前から考えていた「ネット墓守」にかなり近いサービスだと思う。 まあ、このサービスの前提は、自分が死ぬ寸前までボケてしまわず、きちんと自分のやっていることを理解・掌握出来ているという前提ではあるようなのだけれども。

アカウント情報だけでなく、遺産相続人(受取人)に対して、遺言メールを作成しておいて、自分の死後、それを一緒に送信して貰うことも出来るらしい。 例えば、「関心空間のアカウントは死後も残して欲しいが、トップページに●●年●●月に死去致しました」と記載し、ハンドルネームの最初に「故人:」と付け加えて欲しい」とか、Gmailのアカウントでは、友人のカテゴリに分類してある人たちには、死去の連絡を送って欲しい」とか、伝えることが出来るらしい。 まあ、自分の周囲で、きちんとそれらの遺言を執行出来る技量の持ち主を確保して置くことが(2009年春の現時点では)結構難しいかも知れないけれど。

(以下は、Legacy Locker社のサイトより引用)
Legacy Lockerは貴方のオンラインアカウント情報を、安全・安心にご友人やご家族に渡す手段です。 それはあたかもデジタルなセキュリティボックスのようなものです。 貴方はオンラインアカウント(電子メール、写真、SNS等、オンラインでログインを必要とする全てのもの)をそこに入れることが出来ます。 貴方が保管する全てのアカウントについて、各々個別に受取人を指定することが出来ます。 その方に、貴方のデジタル遺産を託すことが出来るのです。
Legacy Locker is the safe and secure way to pass your online accounts to your friends and loved ones. It's like a digital safety deposit box - you can put all your online accounts (emails, photos, social networks, everything online that requires a login) in it. For every account you store, you can assign a beneficiary, someone to whom you want to entrust your digital assets for the future.

IT Mediaの記事の引用

===== 引用開始 =====

新興企業の米Legacy Lockerは3月10日、自分の死後、オンラインアカウントなどの情報を、家族や親しい友人に安全に譲渡できる新サービス「Legacy Locker」を開始すると発表した。同社はこのサービスを、パスワードやユーザー名を含む重要なオンライン情報を保管できる、オンライン上の「貸金庫」と位置付けている。

 Legacy Lockerは世界中どこからでもアクセスでき、簡単にアップデートできる。利用者はメールアドレス、写真共有サイト、iTunesなど、さまざまなオンラインサービスのアカウント情報を保存し、自分の死後にそれらを任せる「受取人」をそれぞれ指定することができる。また本人死亡確認の「証明者」として2人以上を指定する必要がある。情報はすべて暗号化され、「大手金融機関以上の」セキュリティ環境で守られているという。

 誰かから利用者死亡の連絡を受けると、Legacy Lockerは証明者に連絡をとり、死亡を確認できれば貸金庫を各受取人に開放する。死亡確認には証明者のメールだけでなく、死亡証明書の写しが必要になる。

 サービスには「Legacy Letters」(遺言レター)の配布も含まれる。死亡確認後、あらかじめ用意しておいた遺言レターが、家族や友人など指定した相手に自動的に送信される。

 新サービスの開始は4月で、無料トライアルアカウントに加え、年間29.99ドルの1年更新型、299.99ドルの終身型の有料サービスが提供されるという。

===== 引用終了 =====


本質的には、弁護士に遺言を託すのと似たようなことかも知れないが、オンラインであることで、圧倒的に安価なサービスになっていると思う。 同列で比較するのは無理があると思うが、日本で弁護士に遺言を託すサービスを依頼すると、最低でも21万円なんていう出費を見込まなくてはならず、しかもオンラインのアカウント情報なんてどんどん増減・変動するから、その都度更に料金を支払って遺言を更新して行くなんて、全く現実的ではない。(少なくとも私のレベルでは)

オンラインのアカウントの遺産相続に関しては、日本では未だ全くと言って良い程考えられていないと思う。(私自身が書いているような玉石混交の「石」だけのようなネットコンテンツを保存してどうする?という声があるのは承知の上だが) 不景気で顧客サービスを拡充しようと掛け声掛けていらっしゃる生命保険会社さん、末端契約者には理解出来ず役に立つかどうか分からないオプションをお勧め下さるよりも、こういう、多分将来的に多くの人達が嬉しいと思えるようなサービスを生命保険の一部に組み込んで販売して貰う、なんていう新発想、如何でしょうか?

ちなみに、2009年より業務開始予定で、今のところまだ無料アカウントの受付も始まっていない模様。 だから日本語が通るかどうか、なども不明であるが、日本語での死亡証明書等を受け取っても、当然日本語の解読が出来なければ仕事にならない訳で、同じサービスを日本にローカライズする、というのはかなり将来有望なビジネスなのではないだろうか?


Legacy Locker

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

島崎丈太画像 投稿者:
島崎丈太
詳細情報
  • 団体名: Legacy Locker Inc.
  • 地域: サンフランシスコ
  • 住所: 735 Montgomery Street, Suite 300, San Francisco, CA 94111
    735 Montgomery Street, Suite 300, San Francisco, CA 94111
    大きな地図+周辺の情報
  • 年(代): 2009年4月業務開始予定
  • 2009/03/14更新
  • 2009/03/14登録
  • 8136クリック

このキーワードを共有する

コメント (9)

最新コメント5件

2009/03/18

*くう* 遺影ビジネスのリンク見ましたー。写真加工サービスの販路拡大って感じなのですね。私が思ったのは、生前にあらかじめ自分の遺影をリクエストしておく、というものです。既にありそうなきもしますが(未調査)。 祖母がなくなったとき、遺影がとてもよくって、「あの写真どうしたん? わたしもあんなのがいいわー」って言ってる人が多かったので。

2009/03/19

真空報告官 遺言サービスとして「Death Switch」というものが紹介されていました。 ネーミングが直球すぎると思うのですが。 紹介サイト:http://www.lifehacker.jp/2009/03/... どのタイミングで送信されるか、というのは重要だなと思いました。

島崎丈太 ネット墓守のコメントの中にもあるのですが、ある一定期間、生存確認メールに反応しないと送信トリガーが引かれるメールタイプの遺言サイトだと、どこかに出かけたり入院して動けない、等の事情でネットから切り離されていると、誤作動してしまいそうで、ちょっと怖い気がするんですよね・・・ しかし、そのサービスに追加で「文書による死亡確認」というステップが加わればかなり信頼性が高まるかも知れません。 いずれにせよ、大切な情報を預けるので、運営主体の信頼性はかなり厳密に保障されていないといけない気がします。

2009/05/14

島崎丈太 実際にLegacyLocker社が営業を始めたようなので、アカウントを作ってみました。 でも、昼休みに会社のネット経由でアクセスしたせいか、SSLが遅くて、途中でタイムアウトすることがしばしば。 スタートアップで予算が少ないのかしらん。 無料アカウントは3個まで扱えるというので、関心空間、Gmail、はてなのアカウントを預けてみようかと思っています。(それとも、しっかりした管理が出来ると分かるまでは、こういう超重要なアカウントは預けない方が良いかな?)

2012/07/15

島崎丈太 2012年7月15日、久々にLegacyLocker社のサイトにアクセスしてみたんですが、相変わらずで営業しているようです。 米国での評判も、悪くはなさそうで、ご同慶の至りなのですが、今後も安定して営業を続けて呉れられるのかしらん? 米国の景気やら何やらが厳しくなっても、収益が続いて、永続出来るようなビジネスモデルになっていると良いと思うのです。

つながりキーワード (7)

ホームページFutureMe.org

  • (BRAVO30000KW!)

未来の自分(あるいは他人)にメールを送るサービスだと、日本ではMEMORY-GIFTをはじめ、未来メールや新未来メール、リマインダーメールなんかが、海外では2003年からスタートしたこの F...

コンピュータLife-X

  • (Jean.)

2008年11月11日に正式オープンしたソニーマーケティングさんが運営するWEBサービス。 最近、多くのwebサービスが休止していってるのですが、それでも多くのwebサ...

雑貨遺言書キット

  • (ほえほえ)

コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川卓也)は、自筆証書遺言の作成をサポートする商品として、漫画とイラストと図表で書き方の要点をわかりやすく解説した「遺言書虎の巻」ブ...

「遺言書」と聞くと、随分と歳をとってから書くものだと思っていませんか? 私自身も、莫大な遺産のある人が記しておくためのものだ。 くらいに思っていたのですが、違うんです...

色々と趣味をお持ちの方、その趣味も多種多様とあるのでしょうけど、 もし! 自分の身にナニかあった時、趣味を満載にしたパソコンの中身を家族や友人に見られたらどうしよう! ...

ソフト死後の世界

  • (剣花菱)

と言っても丹波哲郎や新倉イワオは全く関係ありません。 フリーソフトのタイトルです。 あらかじめ設定しておいた日時になると、遺言を表示し、指定されたファイルなどを自動的に削除します。 何...

テーマパーク・遊園地ネット墓守

  • (島崎丈太)

自分の死後、ネット上に残った自分の痕跡はどうなるか、考えたことがあるだろうか? 例えば、この関心空間で数百のキーワードを残して、或る日突然この世に別れを告げる羽目になった...

携帯でこのページにアクセス

Legacy Locker

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-1752735

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ