関心空間はレジャーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ネットハカモリ

ネット墓守

  • ネット墓守の画像

自分の死後、ネット上に残った自分の痕跡はどうなるか、考えたことがあるだろうか? 例えば、この関心空間で数百のキーワードを残して、或る日突然この世に別れを告げる羽目になったとしたら・・・

誰かが自分のKWにコメントを呉れても、もう気の利いた返事も出来ないし、ネット上でお付き合いしていた、しかし実際には顔を知らない皆さんから「あれ、そういえば最近こいつ出て来ないな」と思われるだけなんだろうか?

ネット上の色々な処で、戯言もしくは未来のネットサービスの例として語られることがあるような(島崎の命名するところでは)「ネット墓守」に、自分の空間を当面の間、保守して貰う、というのはどうだろう? 誰かが自分の大切なキーワードに変なことをコメントしたら削除するとか、キーワード全部の末尾に「当KWの主である○○は、○月○日に逝去しましたので、このKWは墓守の管理下に移行しております」とか表示して貰うとか?

「物理的な墓石」には墓碑銘なんかほんの数行しか刻めないし、第一佛式の墓には碌な墓碑銘が無いように思えるから、正直言ってどうでも良いように思う。 しかし自分が残した文章等は、なんだかアッサリ消えてしまうのも残念なような気もするし、変な書き込みされたりして荒れて行くのも悲しいような気もする。

有り得るのは、信託銀行やら弁護士辺りが、遺言と一緒にこういうネット墓守サービスを開始して、依頼主の死亡と共に、生前に依頼されたネット情報の開示・保守・送信・削除等を行う、という辺りだろうか?

自分のメールアドレスに来た友人からのメールに、本人逝去の返信を送って貰うとか、しかるべき予告の後に、本人の丹精込めたHPを削除する、とか。 色々な形態のサービスが有り得るんじゃないだろうか?

そこで厄介なのは、段々ボケて、書き込む文章がヘンテコになってゆくことかも。 生きている以上、自分は自分だから仕方ないのかも知れないが、これだけ複雑なblogだの掲示板だのメーリングリストだのHPだの、自分が85歳位になっても忘れずにキチンと維持管理してゆけるかどうか、どうも自信が持てない・・・

一つやってみて面白いかも、と思うことは、自分の死後の30年分位の毎年の遺言を事前に作成しておいて、年に一度、自分の遺族が、あるサイトにログインして、その遺言を読んで、しかるべきサーバにその遺言を手で入力しない限り、遺産相続のその年の分が振り込まれない、というようなサービスだ。 墓参りはサボってもバレないけれど、これなら最低誰かがアクセスしなきゃならないから、年に一度は故人を思い出すことになる、という訳だ。

あ、でも自分の両親がそれをやって、自分が毎年ネット墓参りを強制される立場になったら、やっぱり嫌かな? それとも懐かしい気持ちになって、良いかな?

Googleしてみると、既に幾つものネット墓が開業しているようだが、単なる石の墓からネット上の墓という発想だけで、故人のネット上の足跡をなんとかしよう、というところまでは頭が廻ってないみたいだ。 これは案外ビッグなビジネスチャンスかも。 少なくとも私は、自分がボケるか死ぬ前に、何か手を打っておきたいけれどな。

リンクは、代表的な遺産相続サービス(と思われる)三菱信託銀行の遺言信託業務のページだが、対象になっているのは金銭的な財産だけで、「ネット墓守」的なサービスは未だ影も形も無いようだ。

2004/4/11 最近話題のソーシャルネットワーキング「orkut」にある伝手で招待して貰って、メンバーになれた。 こういうネットワークもネット墓守の重要な構成要素になるんだろうな。 ここのメンバーが死亡したら、どうなるんだろうか? ちょっと興味がある。

2004/5/5 ふと思ったんだが攻殻の「イノセンス」で情報屋のキムが死んだ時、トクサの周りの電脳空間にメッセージがパァッ広がった、あれも一種のネット墓守なんだろうな。 あの場合は、潜水艦の艦内に限定して見せていたが、実際にはキムに関係したネット一般にバァ~と辞世の句が流れたのかもね。

2005/2/18
「死後もGoogleで「永遠の命」を――あるアーティストの試み」
http://hotwired.goo.ne.jp/news/...
検索エンジンでネット上での自分の名前の存在を「命」と定義しているのが一寸面白いが、私の関心の持ち方とは少し違う方向性だと思う。

2006/10/13
コメントで教えて頂いた記事「知らされなかったパスワード--ユーザーの死が封印するアカウントと遺族のアクセス」は、まさにこのネット墓守の概念が提示している問題が起こり始めている、という証左だと思う。 記事が掲載されたのが12日で一日だけで既に44件もトラックバックが付いている、ということは、皆相当この問題には関心を持ち始めている、ということだと思われる。 今、この分野のビジネスを立ち上げれば、筋の良いビジネスモデルを構築出来たら相当大きな事業になるんじゃないかなあ。

2007/04/30
偶然、まろまろ記というところで、まろまろ遺書というものを見つけました。 かなり実践的で、今のところ私が自分のサイトに書くとしたら、こんな感じかなあ、というような内容。 やはり色々な所で、考える人は考えていらっしゃる。

故人を追悼するSNSサイトが流行 by Wired blog

2009/01/27追記
HIVに感染した方が、「遺言さん」と名乗ってブログを書いていらっしゃるというアスキーの記事

2009/04/30追記
豚インフルエンザがWHOでフェーズ5に。 結構、ここで書いて来た事が笑い事では済まない人たちが出てくるかも知れない。 用心して身を護り、流行が収まった時にここに書いているような心配を、笑い事に出来ますように。

2009/08/15追記
産経のニュースサイトにネット上の故人のブログについての記事が掲載されていた。 段々ブログを書いていた人で亡くなる方が出てきて、関心が高まりつつあるように思う。

2009/12/04追記
スラッシュドットジャパンより「葬儀業界にも「サイバー化」の波」 だそうな。
考えてみれば尤もな方法だが、今ではFacebookなどを葬儀の連絡場所に使ったりもするらしい。
このようなサイバー葬儀ビジネスを後押しする一つの要因として、ベビーブーマー世代の活発なオンライン・ソーシャル・ライフがあるのだとか。

2010/08/26追記
芸能レポーターの梨元勝氏が亡くなり、娘の眞里奈さんが、梨元さんのツイッターアカウントで、フォロワーの方々に挨拶をツイートしている。 今後、ブログやツイッター、SNS等でこういったお別れのご挨拶を流すことが一般化するに違いない、と思う。 ただ、生前にアカウントのID/PWを周囲の人に教えておく、というのは心理的に難しかったりもするだろう。 その辺りにネット墓守の必要性が出てくるのではないだろうか?

2011/01/22追記
Wiiに欲しい「鬼籍の広場」」という記事をツイッターで知りました。 そうか、Wiiみたいにお年寄りが遊ぶ場でのネットアイデンティティには、非常に早くネット墓守的なニーズが出てくるんだな、と思った次第。 実はWiiを持ってないので、自分自身はMii(Wiiのアバター)は持ってないんですけれどね。

2011/05/18追記
永代使用ポータル、クラウドがつなぐ生者と死者の世界」というブログエントリを発見しました。 作者の薬師寺聖さんって、結構すっ飛んだ、僕と似たようなことを考える人のような気がするなあ。

2012/12/24追記
ユーザーが亡くなったページの権利と責任は誰のもの?――法の観点から見た死とインターネットそろそろ、このテーマが当たり前の話題として、ネット上で当たり前に語られるようになってきたな。

ネット墓守

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

島崎丈太画像 投稿者:
島崎丈太
  • 2012/12/24更新
  • 2003/06/17登録
  • 37834クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(3)

コメント (88)

最新コメント5件

2012/07/15

いにしえ  そうそう娘の関係でスパコン「京」見れるカモとホンの微かな望みを持ってます。スパコンで疑似人格、多くは放置され残存していくNet上の超データ群の今後が興味です。科学者は突拍子もないことを発送しますから。

島崎丈太 Google社の最終的な目的は、個人ではなく、地球人全ての「ネット墓守」& PABとなることなのではないか、と以前から思っているのですが、未だに彼らのシステムが人格を持ち始めたという情報は無いので、ちょっと安心しています。 尤も、システムが人格を持ち始めても、それを公にして人々から反発は疑念を抱かれるよりは、黙って裏側から人類を操る方向で動くでしょうけれど。 

2012/11/15

Poughkeepsie 事が事だけに、各サイトとも手続きは煩雑なようです>http://matome.naver.jp/odai/...

2012/11/18

島崎丈太 情報ありがとうございます。 こういった各社への対応を、いちいち用意しておかなくても、纏めて誰かがサクッと綺麗にやって呉れたら、随分気楽ではあろうと思いますが、それはそれで、ハッキングや間違えのリスクを高めることになるのだろうし、難しいですね。

2014/05/07

せきさん ネット墓守を最終段階として、その前段階、例えば認知症気味になってきて操作ができなくなったり、 あるいは、自分であらかじめ、アクセスができなくなった時にする処理として、全消去や最後のお別れのメッセージを決めておく、 といった将来の処理を介護支援者、親族と一緒に見守ることができるようにする仕組みを組み合わせるのはどうでしょうか。 ハイテクを自由自在に使って脳の拡張、というのは高齢者にこそ必要なことで、自分に客観的なフィードバックをする、例えば認知症進行の疑い、と共に、ある時点(自分で移譲、あるいは後見人がついた時)で共同で管理できるようにする仕組み。 物理的な深夜徘徊モニターとオンラインの深夜徘徊モニターを組み合わせるとか。 前段階が色々面白そうです。

つながりキーワード (51)

養老孟司の伝家の宝刀「人の死亡率は100%」 でも、ここまで準備する人は稀だろう。 なぜなら、彼が言うように「一人称の死」は無く、判ってはいても無意識に否定しているから...

子供が居ないワタシとしては「ひとりで死ぬ」ということを考えないわけにはいかない。 誰にも看取られずに死ぬことについては特にどうとも思わないけれども(少なくとも現在のところ...

母は、病床で、 「お母さんの骨は、海に捨てて・・・」 と言った。 「お墓の下は、冷たさそう。 海は、世界中つながっていて、気持ちよさそう。」 メルヘンチックと皆から形...

ホームページFutureMe.org

  • (BRAVO30000KW!)

未来の自分(あるいは他人)にメールを送るサービスだと、日本ではMEMORY-GIFTをはじめ、未来メールや新未来メール、リマインダーメールなんかが、海外では2003年からスタートしたこの F...

コンピュータLife-X

  • (Jean.)

2008年11月11日に正式オープンしたソニーマーケティングさんが運営するWEBサービス。 最近、多くのwebサービスが休止していってるのですが、それでも多くのwebサ...

国立国会図書館が収集しているウェブ・アーカイブ。ということで、収集される対象は法人等に限られています。なんでもかんでも収集しているコチラとは少々趣が異なります(学生だった十数年前に作った研究...

ソフト6年連続Mixi日記

  • (エイジレス)

Firefoxの機能拡張Greasemonkeyのスクリプト。 Mixiの自分のページを見ると5年分の同日の日記タイトルが表示される。 自分の日記や他人の日記を見ると、去...

マイケルジャクソンが亡くなりました。80年代を生きた人間として影響を受けない訳がなく、まぁ、残念な限りです。残念。 さて、海外のお墓はいろんな形があって、「まさに宗教も...

雑貨遺言書キット

  • (ほえほえ)

コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川卓也)は、自筆証書遺言の作成をサポートする商品として、漫画とイラストと図表で書き方の要点をわかりやすく解説した「遺言書虎の巻」ブ...

「遺言書」と聞くと、随分と歳をとってから書くものだと思っていませんか? 私自身も、莫大な遺産のある人が記しておくためのものだ。 くらいに思っていたのですが、違うんです...

ホームページLegacy Locker

  • (島崎丈太)

ネット上に自分のオンラインアカウント情報を安全・安心に残せるサービス。 主な利用目的としては、メールアドレス、ブログアカウント、等のIDやパスワードを自分の指定する受取人...

色々と趣味をお持ちの方、その趣味も多種多様とあるのでしょうけど、 もし! 自分の身にナニかあった時、趣味を満載にしたパソコンの中身を家族や友人に見られたらどうしよう! ...

ホームページMail Goggles

  • (四月の旅人)

かの大監督・北野武氏も言うように、酒飲みはそのチカラを借りて寝る、というよりは気を失ったまま朝を迎える・・・汗。その間、わが家ではダイニングテーブルにある夫婦それぞれの...

存在するあらゆるwebページの保管所 保管されていれば、既に無くなってしまったページでも時を遡って見る事ができるので、もう一度読みたいあのページ何かを探す時に便利に使っ...

その名のとおり、遺言を整理しておくためのノート?手帳?帳面? ま、何でもいいや。 構成は、   ■遺言についての解説     「遺言作成の基礎知識」「遺言作成帳」の2...

 元和五年なか(1619年)、福島正則改易蟄居。 重臣であった 小山善介常久も多くの家臣と共に広島の地を追われ避散する。善介は中国山中へ妻と共に逃避。そして備中庄 川上郡...

遺品整理専門の会社。 故人が使用していた最期の布団や衣類を、寺院より僧侶を迎えて供養してくれるそうです。 その他クロスの張替え・消毒作業・消臭作業・畳新調などの各種サービスあり。 大変興...

 デスノート、古くはドリームノートなど、人間は将来の夢をノートに書いて来たがこれは未来の無い人が過去と現在を書き記す私の履歴書と遺書の中間みたいなもの。紹介してもらったも...

今更かよ、とも思うのですが、 1. あなたのニックネームは? 島崎丈太 2. その由来は? 実名主義なので。 3. 星座と血液型は? しし座でA型、ちなみに干支は「...

ソフト死後の世界

  • (剣花菱)

と言っても丹波哲郎や新倉イワオは全く関係ありません。 フリーソフトのタイトルです。 あらかじめ設定しておいた日時になると、遺言を表示し、指定されたファイルなどを自動的に削除します。 何...

携帯でこのページにアクセス

ネット墓守

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (2)

9:40 am

  • sonic.07の日記 | Tracked: 06.11.5 9:44 am

まじですか~! http://www.technobahn.com/cgi-bin/...[Googleが秘密…

遺言書に書いておきます。

  • 現実にある出来事の紹介 | Tracked: 06.6.7 4:50 pm

先日、東京新聞と中日新聞に、私達のサービスが掲載されました。 「遺品整理業者、ひくてあまた」と言うタイトルでした。 この記事を見られてお電話が、30本ほど有りまして私も5本ほど...

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-314174

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ